うつ病の種類をチェック【うつ病に打ち勝つ治療法で病を克服しよう】

男性

病院選択の基準を知ろう

ハート

症状に合わせて選ぶ

うつ病にかかる人が増えてきていますが、同じ病気の中でも程度や症状によって個人差があり、それによって選ぶ病院の種類も違ってきます。うつ病の症状の強さは日中に活動ができるかどうかということが、まずポイントになります。もしも何もする気が起きないだけでなく、布団から出ることができないようだったり、食事がほとんどとれないような状態だったりする場合には、かなり重い症状を抱えているということになります。そのような状態の時には出来るだけ早く病院を受診したほうが望ましいのですが、受診する病院の種類は心療内科か精神科を受診します。しかし病院に行くことさえも辛く感じることがあると、行動に移せないこともあります。そういった時には出来る限り家から近い病院を選ぶことで移動にかかる時間を短くでき、受診に対する苦痛を軽減できることがあります。もちろん病院の中身も大事ですが、いくら良い病院だったとしても通い続けることができなければ意味がなくなってしまいます。遠くでも通うことに抵抗がない場合には、遠くの病院を洗濯することも可能ですが、まずは自分が通い続けられるかどうかを考えて病院を選ぶようにします。そして一度受診をしたら、医師との相性も大切です。人間同士の相性なので、とても人気がある医師でも自分に合うとは限らないために、自分に合っている医師かどうかを自分自身で考えてみましょう。もしも合わない場合には担当を変更するという選択肢もあります。病院を受診してうつ病だという診断がでると治療が開始されますが中心となるのは抗うつ剤を使用した内服治療です。うつ病の治療に使われる抗うつ剤の種類にはたくさんのものがありますが、あらわれている症状に合わせて薬の種類を決めます。夜に眠れないという時には眠りを促すような薬が処方されますが、眠れない原因によって薬は違ってきます。寝付きが悪いのであれば寝付きを良くする種類の薬方が効果がありますし、途中で起きてしまうという場合には長く眠れるような種類の薬を使用します。このように症状に合わせて薬を使い分けることで、症状を権限するだけでなく、薬による副作用が出にくくするという工夫もされています。睡眠薬を使用した時に翌日に眠気が残らないようにという配慮がされているからです。またこういった症状に対応する薬は、症状が軽減してきてからは少しずつ量を減らしたり、必要であれば量を増やしたりして体調に合わせて変更していくことで丁度良い状態になるようにしていきます。抗うつ剤にも色々なものがありますが、主にあらわれている症状に最も良く効くと思われるものを使用して、少しでも日中に活動ができるようにします。抗うつ剤を服用すると、気分の落ち込みが少なくなり、やる気がでてくるので、活動をすることに対する苦痛が軽減して、少しずつ普通の生活が送れるようになってきます。